長楽Kaーちゃんの  いっぷく部屋

choraku2.exblog.jp
ブログトップ

急に汁団子が食べたくなることが・・・思い出④

なにか分らないけど 急に汁団子が 食べたくなる。
汁団子 すなわちスイトンのことだ。

子供の頃よく夕飯に これがでてきた。
米がなくて ご飯が炊けず 代用だ。 すなわち代用食ってこと。

その当時 必ずしも大好きだったわけではなかった。
それしかないから 食べていただけなのだ。

それが 親になってからだ。急に食べたくなりだしたのは。
いろんな野菜を入れ 店の餃子の粉をササっと練り しゃもじですくって鍋に落とすだけ・・・
いとも 簡単な料理。
餃子の粉は 強力粉だからむっちりして 餅みたいになる。だから美味しい。

でも あの頃の粉は どんな物だったんだろうか?
そして 具は何が入っていたのかも 覚えていない。
その 粉も野菜も 親はどんなにか苦労して調達したことか その頃は知るよしもない。

他に代用食っていえばは うどんだった。
練った粉を 薄く延ばして 細く切っていく。
これは 手間がかかるから 毎日忙しい母親はたまに作ってくれた。
これは 嬉しい晩ごはんだった。
だから 今もうどんばっかりの毎日でもいいわ~になったのかもしれない。

そして これも年に何回かのご馳走が・・・
使いの役は 姉と私行き帰り1時間程かかる製麺やさんにうどん玉を買いにいくのだ
今みたいに ナイロン袋ってない。
新聞紙に直に生のうどんを包んでくれるのだ。うどん玉が新聞紙にへばりついている。
汚いって 思わないご時世だったんですね。
自家製じゃない うどんの日は最高に嬉しいかった。

我が家が 特別貧乏だったのか? それとも周りもそうだったのか? 子供には全く関係なかった。
親子6人 汁団子でもうどんでも飯台を囲んで 学校の話やら遊んだ話やらをしながら・・・
思い出したら ウルウルしてくる。

だから 無意識に食べたくなるんだろうか・・・
こんなおかずを作っても 息子もお父さんも黙って食べてくれる。
時には おかわりまでしてしてくれる。 
単なる 何もおかずが無いから仕方なし? それとも粉好きがkaーちゃんにうつったのか?
これからも 何回となしに作ることだろう・・・・覚悟の程を(●^o^●)
[PR]
by choraku2 | 2010-04-20 23:55 | 思い出すんね~

餃子は長樂と皆様から可愛がられて40数年これからも美味い餃子つくりに邁進します。


by choraku2