長楽Kaーちゃんの  いっぷく部屋

choraku2.exblog.jp
ブログトップ

餃子って何やろ・・・ 思い出②

昭和39年 東京オリンピックの年だった。
私が、餃子なる食べ物に お目にかかったのも 食べてみたのも お初だった。

その年の5月5日に長樂を知り その月の25日に山中に来た。
その間たったの20日です。

いきなり 餃子の仕込みです。
何が何やら???
白菜とキャベツの違いが分らず ニンニクって?何の肉なんやろう(冗談じゃなく 本当にそう思った)
ニラって 見たことも無かった。
凄まじく何も分らない状況のなかでの仕込みだった。
キャベツ、玉ねぎ ニラなどの野菜は全て まな板の上でトントン みじん切り・・・デス

ニンニクの 皮を剥いていたら 指先がヒリヒリその指で 顔をさわったら 又ヒリヒリ 
物凄く 手間のかかる作業に 只びっくり。
まな板は 器のように凹んでいた。
冷蔵庫も 今の家庭用よりも小さくて 多くは仕込めない。
いつも いつもキャベツ刻みに もう~いやだ~と思った。(内緒にしとこ~)

餃子を看板にしたのは長樂が最初だったらしい・・・( 50年ぐらい前に)
当時は 一般の人もあまり馴染まない食べ物だったとのこと。
餃子の店として 5年程たってから 私が長樂に来たわけだから ちょっとは知れ渡ってからだ。
その後 山中の餃子屋だけで 郵便も届くこともあったりして 
皆さんに知って貰えるようになり ありがたいことです。

同じころ 餃子は ラーメン屋さんのR軒さん M軒さん そしてN京さんも作ってました。

山中温泉が 凄く賑わっていた頃の 話です。(●^o^●)
[PR]
by choraku2 | 2010-03-12 15:59 | 思い出すんね~

餃子は長樂と皆様から可愛がられて40数年これからも美味い餃子つくりに邁進します。


by choraku2